インターンシップ体験記

大学 滋賀県立大学 学部・学科 工学部 機械システム工学科

実習スケジュール

1日目
  • 金属3Dプリンターについて知る
  • 金属3Dプリンターで造形する製品のモデル設計
2日目
  • モデル設計
  • 造形準備~造形開始
3日目 製品の造形完了、取り出し作業
4日目 造形した製品の特徴観察、仕上げ作業
5日目 まとめ・報告

実習風景

インターンシップを体験してわかったこと

 製造現場の設計→造形→仕上げ作業を実際に体験して「ものづくり」における技術のすごさを知ることができました。加工が難しいとされていた形状の加工も金属3Dプリンターを用いれば実現できることや実際にその製品を目で見て、触ってみて金属3Dプリンターのすごさを体感できました。
 設計では、今まで大学で学んできた3D-CADが仕事に活かせるとわかり、嬉しかったです。また、これまであまり考えたことがなかった磨き作業等の二次加工について実習を通して考え方が大きく変わりました。磨き作業にも多くの種類や手順があり、とても奥が深い作業なんだと感じました。
 今回のインターンシップを体験したことで、将来の仕事に就く自分をイメージをより明確に描くことができ、とても良い経験になりました。実際に働く人たちの仕事を間近で見て、「技術者」という仕事に対するイメージが膨らみ、残りの大学生活ですべきことがわかりました。
 今回学んだことをこれからの大学生活や勉学に生かしていきたいと思っています。