世の中にはない、
新しいものを造り出す

[ 開発・設計 ]
技術開発部トレフィーダ事業推進G
森口 涼介(2011年入社)

入社の動機はなんですか?

”世の中には無い新しいもの”を造り出すことがしたかった、“ものづくり”に関わりたかったことが根底にありました。東レ・プレシジョンは微細加工技術の業界トップクラスであり、最先端の技術開発に携わることで技術者としてのレベルアップを図りたいと思い、志望しました。

入社前後で会社の印象は変わりましたか?

若手の意見も聞き入れてくれるところです。行きたいセミナーややりたい仕事など、自身や会社のためになることはさせてくれます。

他社と比べて当社が優れていると思うことは何ですか?

マシニング加工や放電加工など様々な加工のスペシャリストが沢山いるので、難易度の高い加工にもチャレンジできるところです。
また、設計にも力を入れており、設計から製作までトータルでお客様をサポートできる地盤を持っているところです。

現在担当している業務は?

東レ・プレシジョンの加工技術を活用した装置であるトレフィーダ®の設計・開発を担当しています。特に、お客様との打合せと設計・実験を繰り返すことで、お客様の要望に沿った装置に作りこんでいきます。

現在の仕事でやりがいを感じたこと、スキルアップできることを教えて下さい。

自分で設計した装置がお客様の現場で稼働しているところを見ると、「誰かのためになっているんだな」と喜びを感じます。もちろん、うまくいかないこともありますが、粘り強く対応して課題をクリアできた時は喜びもひとしおです。また、すぐ近くにスペシャリストがいるので、加工の問題点は相談がしやすく、加工性やコストを意識した設計スキルを向上させることができます。

辛かったことや失敗談を教えて下さい。

製作した装置が性能を満たせず、あれやこれや対策を講じても改善できない時はとても辛いです。しかし、誰かのアドバイスだったり、ふとしたヒラメキで解決に導くことができた時、辛かった分喜びも倍増されます。

会社の雰囲気はどうですか?

仕事の時は皆、真剣に取り組んでいますが、それ以外は笑顔があふれ和気あいあいとしているように感じます。また、個性的な人が多いので飽きない楽しい職場だと思います(笑)

学生時代と比べて変わったことは何ですか?

学生時代は“やらされている”ことが多かったと思いますが、今は“やらなきゃいけない”ことが多いため、責任感や使命感が強くなったように感じます。

最後に、後輩となる新卒社員に向けて一言

東レ・プレシジョンの理念は、精密微細加工技術を通じて社会に貢献することです。技術に上下関係はありません。柔軟な発想がステップアップに繋がることもあります。遠慮せず仕事に取り組んで共に技術を追求していきましょう。