中小企業であるが故に
様々なことにチャレンジできる

[ 開発・生産 ]
技術開発部生産技術課
石井 宏明(2015年入社)

入社の動機はなんですか?

専攻の機械工学、設計技術が東レ・プレシジョンであれば活かせると思ったからです。また、社員のレベルアップのための研修が豊富であることや、中小企業であるが故に様々なことにチャレンジできる可能性があると思い、志望しました。

入社前後で会社の印象は変わりましたか?

世界トップレベルの加工技術を保有している上に、最先端の加工技術(集束イオンビーム加工、金属3Dプリンターなど)も積極的に取り入れて、新たな製品を生み出すチャレンジをしていることです。

他社と比べて当社が優れていると思うことは何ですか?

小さすぎて見えない穴や、鏡のように映る金属面を加工する、といった世界トップレベルの超精密微細加工技術を保有していることです。

現在担当している業務は?

金属3Dプリンターを使った”ものづくり”を担当しています。特に、モデルの作成や造形技術の開発、営業活動のサポートなどを行っています。

現在の仕事でやりがいを感じたこと、スキルアップできることを教えて下さい。

自分が製作した部品が、従来品よりも優れているとお客様から聞いたときは、とてもやりがいを感じます。
また、金属3Dプリンターは最先端の加工技術であるため、いろんな課題にぶつかることが多いです。そんな時は実際起こっている現象を見つめ、繰り返し解決策を考えることで、問題解決能力が身についているように感じます。

辛かったことや失敗談を教えて下さい。

金属3Dプリンターで造形した製品の後処理がうまくできておらず、お客様をはじめ、多くの方に迷惑をかけたことです。「お客様が満足するものを作る」という意識が足りませんでした。

会社の雰囲気はどうですか?

明るく、風通しが良い会社だと思います。そのため、他の部署の人にも質問や相談がしやすく、働きやすいです。また、尊敬できる方も多く、自分もそのように成長していきたいと感じさせる雰囲気もあります。

学生時代と比べて変わったことは何ですか?

仕事、生活、遊び、何でもメリハリをつけて行動するようになりました。また、次に何が起こるのか、など先のことを考えて行動するようになりました。

最後に、後輩となる新卒社員に向けて一言

大学での専攻をそのまま活かせる仕事に就くということは多くないと思います。勉強も大事ですが、学生のうちにしかできないことを今のうちに経験しておいてください。皆さんと一緒に仕事が出来ることを楽しみにしています。