仲間とともに仕事ができることも
この仕事の魅力

[ 開発 ]
技術開発部生産技術課
竹中 真吾(2015年入社)

入社の動機はなんですか?

以前から精密微細加工に興味があり、新たなものづくりに携わっていきたいという思いで入社を志望しました。

入社前後で会社の印象は変わりましたか?

入社前は、微細加工のパイオニアとして従来の技術や製品ブランドのみで活躍しているのかなと思っていましたが、入社してみると、積極的に新しい技術を取り入れていたり、これまでにない製品を手掛けるなど、幅広く事業を展開しているな、という印象に変わりました。

他社と比べて当社が優れていると思うことは何ですか?

独自の加工技術やノウハウ、システム作りが優れていると思います。特に自社ブランドを積極的に展開していく事業体制や、新たな技術を業界に先駆けてチャレンジしていく自由な体制は、同業他社と比較しても優れていると思います。

現在担当している業務は?

技術開発部で生産技術の開発を担当しています。特に難易度の高い加工技術の開発に取り組んでいます。また最近は、医療機器や分析機器業界の顧客獲得に向け、新たな技術の発掘や設備導入なども担当しています。

現在の仕事でやりがいを感じたこと、スキルアップできることを教えて下さい。

自身が開発した加工技術で、生産現場の方々が喜んでくれることが一番やりがいを感じます。また、それらの改善や技術開発を繰り返すことで徐々にスキルアップに繋がっていることも実感します。思うようにいかない事もありますが、仲間と共に仕事ができることも、この仕事の魅力だと感じています。

辛かったことや失敗談を教えて下さい。

これまでの経験を活かそうと考えるあまり、固定概念にとらわれ、うまく仕事が運ばず、最終的には成し遂げられなかったこともありました。新たなことにチャレンジする際は、過去の経験も必要ですが、真っ新な気持ちで新たな技術を学んでいくことも大切だと思いました。

会社の雰囲気はどうですか?

社員は仲が良く、自由闊達な雰囲気だと思います。一方で仕事となれば厳しく、メリハリのある雰囲気だとも思います。

学生時代と比べて変わったことは何ですか?

社会人ですので責任はあります。例えば、自身が携わる仕事もお客様に直結していますので、ミスや曖昧な認識が思わぬ事態を招いてしまう事があります。また、社会に出れば経済的にも自立でき、自由な点も多く、楽しみも増えます。仕事とプライベートの両立を考えながら、日々の生活を楽しむのも良いのではないでしょうか。

最後に、後輩となる新卒社員に向けて一言

仕事を覚えていくにつれ、責任も増えていきますが、何も一人で仕事をするわけではありません。周りには同じ方向を向いている仲間がいます。たとえ行き詰まったとしても、仲間に相談すれば必ず答えてくれます。
そんな会社は、私も素敵だと思います。一緒に楽しみながら頑張りましょう!!