自分の仕事が
社会に貢献できている、という喜び

[ 生産管理 ]
生産部生産管理課
長谷 大輔(2002年入社)

入社の動機はなんですか?

”ものづくり”に携わりたいという思いがありました。東レグループには、いろんな分野で活躍している企業も多く、そんな企業群の中で”精密微細加工”という機械加工に強みをもつ東レ・プレシジョンに魅力を感じ、志望しました。

入社前後で会社の印象は変わりましたか?

想像以上に製造現場での作業が緻密で丁寧なこと、そしてイメージしていた製造現場とは全く異なり、現場はクリーンで快適でした。

他社と比べて当社が優れていると思うことは何ですか?

精密加工技術と、その精密加工技術をもとにお客様の課題解決に向けた提案力だと思います。

現在担当している業務は?

生産管理を担当しています。お客様からの依頼に対して、見積~工程設計~出荷までの管理を行っています。言わば、”会社のコントロールタワー”です。

現在の仕事でやりがいを感じたこと、スキルアップできることを教えて下さい。

お客様が欲しているものを正確に、かつ期待以上のものを作り上げることにやりがいを感じます。さらに、お客様に納めた部品や装置が世の中で重要な役割を果たし、活躍していると知った時は、”自分がやったことは社会に貢献しているんだ”と一人笑みを浮かべ、喜びを感じています。
また東レ・プレシジョンは、社員の能力向上のため国家技能検定の資格取得を推奨しています。私はこれを利用して特級技能士の資格を取得し、社内だけでなく、お客様からも高い信頼を得られています。

辛かったことや失敗談を教えて下さい。

入社した頃は、知らず知らずに仕事を甘く見てしまっていたかもしれません。いろいろ失敗し、上司や先輩に叱られることも多々ありました。ただ、叱られたままではなく、なぜ叱られたのか考えることで、自身の仕事と社会との繋がりを考えるきっかけになり、責任感を持って仕事に臨む姿勢が身に付きました。

会社の雰囲気はどうですか?

明るく、元気で、ノリが良い会社だと思います。もちろん、仕事に臨む姿勢は厳しいですが、一歩会社を出れば、先輩後輩の垣根も無く、飲み会や趣味を通じてプライベートでも交流が図れます。

学生時代と比べて変わったことは何ですか?

社内・外の人と関わりを増やしていく中で、社会人としての自覚と責任ある言葉・行動が自然と身に付きました。また、収入を得て自立した一人の大人として行動することになり、自己責任は伴いますが、自分の世界が広がり価値観も大きく変わりました。

最後に、後輩となる新卒社員に向けて一言

自ら考え、直ちに実行すると結果もついてくる、間違いなくやりがいのある会社です。
そして、”ものづくり”に興味がある人には最適な会社だと思います。一緒にオンリーワンのものづくり企業で働きましょう!