幼少の頃からプラモデルなどの
ものづくりが大好きだった

[ 生産管理 ]
生産部生産管理課
鎌内 博章(2002年入社)

入社の動機はなんですか?

幼少の頃からプラモデルやラジコンなどの”ものづくり”が大好きで、東レ・プレシジョンであれば様々な”ものづくり”に携われると思い、志望しました。

入社前後で会社の印象は変わりましたか?

入社前は「ただ”ものづくり”に没頭していればよいのかな」と漠然と思っていましたが、実際は、営業、生産、技術、品質管理などのいろんな部署が関わり、そして一体となって活動して、お客様に満足いただける製品を送り届けているということを知りました。また、安全に対する意識の高さに驚きました。

他社と比べて当社が優れていると思うことは何ですか?

現状の加工法に満足せず、常に新たな加工技術や最新設備を導入して、新しい”ものづくり”にチャレンジしているところです。

現在担当している業務は?

生産管理を担当しています。お客様からの依頼を具現化するために、最適な加工工程を設計しています。そして、お客様に満足いただけるものを納めるために、生産状況を把握、管理しています。

現在の仕事でやりがいを感じたこと、スキルアップできることを教えて下さい。

お客様の依頼に対して、期待された以上のものづくりができた時や、お客様から感謝のお言葉を頂くと、”この仕事をやってきて良かった”という気持ちになります。また、東レ・プレシジョンは社員の国家技能検定の資格取得を推進しているため、様々な技術のスキルアップができます。さらに社内には他社にはない当社特有の加工機も多く、ここでしか学べない技術もあります。やりがいは無限大です。

辛かったことや失敗談を教えて下さい。

入社して間もない頃は”ものづくり”をする上でのポイントもわからず、上司や先輩の指示通りに動くことしかできませんでした。そのため自分の考えを表現できず、悔しい思いをしました。ただ、これをばねにして努力を重ね、今では誰にも負けない技術を作り上げました。

会社の雰囲気はどうですか?

部署や年齢に関係なく、コミュニケーションを取りやすい会社だと思います。社内でも楽しいイベントが数多く用意され、自然と誰でも仲良くなれます。

学生時代と比べて変わったことは何ですか?

学生の時は受け身で学ぶことが多いと思いますが、社会人になると自ら進んで学ぶ姿勢が大事であり、自身の能力向上を常に意識することが大切です。

最後に、後輩となる新卒社員に向けて一言

入社して最初に意識することは、同僚、先輩、上司とのコミュニケーションをできる限り多く取ることです。これを心掛けるだけでも、仕事における成長スピードは全く違ってくると思います。最初の頃は緊張して難しいですが、皆、応援しています。一緒に楽しく頑張りましょう。