品質検査の仕事は
良品をお届けするための
最後の砦

[ 品質保証 ]
品質保証室品質保証課
大菅 徹(2010年入社)

入社の動機はなんですか?

幼い頃からものづくりに興味がありました。そのため、ものづくりの仕事に携わりたいと思い、自ら調べて、東レ・プレシジョンの超精密微細加工技術に魅力を感じたため、志望しました。

入社前後で会社の印象は変わりましたか?

ただ加工するのではなく、超精密微細加工技術という強みを活かして幅広く事業を展開していることです。また、安全に対する意識が非常に高く、常日頃から安全の重要性を意識するようになりました。

他社と比べて当社が優れていると思うことは何ですか?

加工技術の開発と新技術の設備導入を積極的に行い、新しいことに常にチャレンジしていこうとする点は優れていると思います。

現在担当している業務は?

品質保証室で出荷前の製品の品質検査を担当しています。お客様へ自信をもって良品をお届けするための”最後の砦”です。

現在の仕事でやりがいを感じたこと、スキルアップできることを教えて下さい。

東レ・プレシジョンは精密微細加工が強みであり、その技術を更に磨き上げるためには、加工精度以上の精度で測定できる検査技術が必要です。それが無ければ極限の加工技術を開発することはできません。その検査・測定技術の一翼を担っていることにやりがいを感じます。

辛かったことや失敗談を教えて下さい。

製品の不具合に気付かずにお客様に納品してしまったことがあり、お客様はじめ、多くの方に迷惑をかけました。この時、失敗を次に活かすことの大切さを学びました。

会社の雰囲気はどうですか?

懇親会などの行事が多く、幅広い年齢層の方とコミュニケーションを取る機会があるので、元気で明るい会社だと思います。

学生時代と比べて変わったことは何ですか?

『責任感』です。安易な言葉や行動が会社のブランドイメージやお客様との信頼関係に傷をつけてしまう恐れもあります。何事にも責任をもって行動するよう心がけています。

最後に、後輩となる新卒社員に向けて一言

東レ・プレシジョンは加工の知識やノウハウが豊富で、それらを活かしたものづくりを行っています。それらに触れることは刺激的で、自身の成長にも繋がります。一緒に刺激的な仕事に取り組みましょう。