切削加工では難しい形状の金属製品を製作したい

東レ・プレシジョンでは金属3Dプリンターを保有し、切削では加工困難であった複雑形状の部品を造形できます。例えば部品内に空洞を設けることができることから部品の軽量化や、一体造形が可能となり、部品の性能向上やコストダウンが期待できます。
また、金属3Dプリンターでの弱点となる寸法精度や表面粗さは、東レ・プレシジョンの今まで培ってきた精密微細加工や超鏡面仕上加工による2次加工の技術で補います。

解決策

東レ・プレシジョンなら下記の技術とサポートをご提供できます。

精密微細加工

精密で複雑な形状の部品等を高精度・高品位に加工します。仕上げ加工用途としても活用されています。

詳細はこちら

超仕上鏡面加工

精密ラップ盤をナノオーダーで厳しく管理し、加工面を鏡面に仕上げます。
また、細部は匠の技(手磨き)でも仕上げます。

詳細はこちら

金属3Dプリンター加工

金属3Dプリンターを使って、複雑形状の部品を3Dデータからダイレクトに造形します。

詳細はこちら

加工例・導入事例

金属3Dプリンター造形例

金属3Dプリンターを使って、複雑形状の部品を3Dデータからダイレクトに造形します。

詳細はこちら