樹脂では強度が弱く、金属に置き換えたい部品がある

複雑形状を容易にできる樹脂は、強度の低さがデメリットになる場合があります。
金属3Dプリンターの造形なら、強度は樹脂より強く、且つ切削加工では実現困難な複雑形状の製作を可能にするため、2つの欲しい特長(強度・複雑形状)を得ることができます。東レ・プレシジョンでなら、強度・複雑形状の他にも2次加工による寸法精度や仕上がりの向上も得ることができます。

解決策

東レ・プレシジョンなら下記の技術とサポートをご提供できます。

精密微細加工

精密で複雑な形状の部品等を高精度・高品位に加工します。仕上げ加工用途としても活用されています。

詳細はこちら

超仕上鏡面加工

精密ラップ盤をナノオーダーで厳しく管理し、加工面を鏡面に仕上げます。
また、細部は匠の技(手磨き)でも仕上げます。

詳細はこちら

超仕上研削加工

多様な研削盤を保有し、あらゆる製品をミクロンオーダーの高精度な仕上がりに加工します。

詳細はこちら

金属3Dプリンター加工

金属3Dプリンターを使って、複雑形状の部品を3Dデータからダイレクトに造形します。

詳細はこちら

加工例・導入事例

金属3Dプリンター造形例

金属3Dプリンターを使って、複雑形状の部品を3Dデータからダイレクトに造形します。

詳細はこちら