吸着治具を製作したい

製品の持ち上げや固定などに吸着を使う場面は多くあります。吸着による固定の精度も孔径やピッチにより性能が変わることがあります。東レ・プレシジョンの永年培ってきた孔加工技術で、吸着性能を最大限に出せる設計・製作をします。

解決策

東レ・プレシジョンなら下記の技術とサポートをご提供できます。

放電加工

ドリルやプレスでは加工が困難な、難削材への加工に適しています。

詳細はこちら

精密微細レーザー加工

高密度(狭ピッチ)で高速加工が可能なレーザー加工技術。独自開発の加工技術です。

詳細はこちら

レアメタル加工(難削材加工)

難切削材と言われている材料(モリブデン、チタン、タンタル、タングステン、ニッケル、プラチナ、超硬等)の加工を高精度で行います。

詳細はこちら

精密微細加工

精密で複雑な形状の部品等を高精度・高品位に加工します。仕上げ加工用途としても活用されています。

詳細はこちら

加工例・導入事例

吸着プレート

フィルムや薄いシートをキズをつけずに固定するための吸着治具です。狭ピッチで微細な孔を施すことでキズや吸着痕を抑制します。

詳細はこちら

吸着治具

半導体の製造向け吸着治具を製造しています。面精度や吸着性能の高い製品を開発しています。

詳細はこちら