金属3Dプリンター造形

金属3Dプリンターの原理(金属積層造形)

金属粉末を一面に撒き、加工したい特定箇所にレーザーを照射、溶融凝固させる。
更に同じ工程を繰り返して積層することで立体的に製造していく。

メリット

  • これまで切削加工では困難であった部品の製作が可能になります。部品内部に自由に空洞を作ることができます。
  • 溶接や分割構成していた部品を一体で造形することで、加工時間の短縮・コストダウンが期待できます。 
  • 東レ・プレシジョンで造形すれば、金属3Dプリンターの弱点である表面粗さや寸法精度を2次加工で補え、表面を鏡面のように仕上げます。

金属積層造形と東レ・プレシジョンが保有する超精密・微細加工技術の組合せで、新たな機能、性能を発現する部品を作りませんか?

東レグループのプリンターソリューション

東レグループでは、素材だけでなく材料分析から加工までをカバーすることで、3D造形に関するあらゆる課題解決をグループ企業でご提供いたします。

3Dプリンターソリューションについて
下記の東レグループ企業へご相談ください。