超仕上研削加工

  • Empty
  • Empty
  • Empty
  • Empty

最新の超仕上研削盤により、
ナノメーターの加工精度を達成

回転させた砥石を製品表面に当てて削ることで精密に仕上げる加工技術です。

特長

汎用研削盤から、NC研削盤、超精密大型研削盤、円筒研削盤を保有し、難削材や大きさ等あらゆる製品をミクロンオーダーに仕上げます。最新の超仕上研削盤により、ナノメーターの加工精度を達成しています。
砥石は多数の微小な切れ刃からなり、切れ刃あたりの除去量が非常に小さいため、加工精度や表面粗さに優れた製品を実現します。
切れ刃は非常に硬く、通常の切削工具では加工できない高硬度の材料も加工することができます。

主な加工仕様

表面粗さ(Ra) ~0.03(※ステンレスの場合)

こんな時にご相談ください

超仕上研削加工を使用した製品はこちら